« 「車いすと座位姿勢」に参加して | トップページ | 「移乗 編」に参加して2 »

「車いすと座位姿勢」報告

講師に正木 健一先生(㈱ひまわり 理学療法士)、栄 健一郎先生(適寿リハビリテーション 理学療法士)を迎え5月10日、11日に赤十字会館にて開催しました。


01


九州各地から計32名(理学療法士、作業療法士、看護師)の参加を頂きました。今回の研修は各章毎に実技を行い、すぐに身体で体験できる実体験型の研修でした。

一日目:一部『足・座・背の基本』、二部『座・背の支えと角度①』において、脊椎にはかたまりとつなぎの部分があり、かたまりの部分の重心を考えることと、つなぎの部分の屈伸可動域が大きいことについて講義があり、その後一人一人椅子に腰掛け楽な姿勢と緊張した姿勢を確認し、胸椎・腰椎・骨盤の位置を確認した。座の形状と背の支え・座の角度では、かたまり部分の骨盤・胸椎の位置を確認。かたまり部分を固定すると安定することを再確認出来た。またリクライニング式車いすでは、スライディングシート、滑り止めマット等使用しずれを体験、座圧の変化を確認した。徐々にグループ内でも意見が活発になり、みんなで考え実施するという姿勢が受講者から伺えた。

02_2

三部『両手駆動』、四部『足駆動』では、1回のストロークを「少ない力」、「長い距離」でハンドリムを動かすには、上肢の可動域・前方への重心移動・力の無駄なくハンドリムへ伝えることが大切であり、ハンドリム・駆動輪サイズ・駆動輪車軸位置で姿勢と1回のストロークの大きさが違い、実際行ってみると疲労度は違っていた。足駆動では、前ずれを防止し、足底への荷重・膝の屈曲・重心の前方移動が大切であることを体験した。

五部『クッション』では実際着座し、固定性・遊動性を確認し一日目を終了した。

懇親会では話が尽きることなく、沢山の話題が飛び交っていた。その中で、くますまのHPを沢山の方が見てくださっていることを知りとても嬉しかったです。

03_204

二日目:昨夜の懇親会での親睦もあったためかグループのまとまりがあり、そんな中ケーススタディ(足駆動)にて各グループで検討を行った。車椅子を調整するにあたり、PT・OT・看護師の立場でディスカッションを行い、ケースに応じた車いすをグループ毎に調整。実際屋外での段差、特に道路の路肩の点字の部分・傾斜で姿勢が崩れやすいこと、在宅でも調整するにあったては充分配慮する必要があることを再確認した。

05 06_2

今回も終了後に、『また、参加したい』『わかりやすかった』『楽しかった』等のご意見を沢山いただきました。今後も企画を考え研修会を開催していきたいと考えておりますので、沢山の参加をお待ちしております。


くますまからの参加者の一言:この勉強会を通じて看護師の立場で、在宅・病院に関わらずこの知識を知っておくことで、利用者・患者様へよりよいサービス提供ができるのではないかと思いました。

|

« 「車いすと座位姿勢」に参加して | トップページ | 「移乗 編」に参加して2 »

くますまキャンパス報告」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1008958/21077027

この記事へのトラックバック一覧です: 「車いすと座位姿勢」報告:

« 「車いすと座位姿勢」に参加して | トップページ | 「移乗 編」に参加して2 »