「移乗」に参加して

移乗動作の構成要素と姿勢の理解」に参加して

このくますまキャンパスを知ったきっかけは、老健の研修会で講師の内田先生から紹介があり、さっそく自宅でHPをみて、すぐに申し込みました。今回が3回目であることに少しショックであり、もっと前に知っておけばよかったなと思いました。

 私は老健で勤務しており福祉用具と関わる機会が多くありましたが、正直、日々不安の葛藤でした。知識をつけ自信をもってご利用者の生活を支援できるセラピストになりたいと思い、昨年福祉用具プランナーを受講しました。講義の中で、河添先生や内田先生の迫力に魅了され、「追いつけ追い越せ」(追い越すのは…難しいが…)といつしか自分の目標になっておりました。(すみません。勝手に)

くますまキャンパスのHPは、今までの研修内容が写真も盛り込んで紹介しており、少人数でじっくり学んでいる雰囲気も感じることができ、それも申し込んだきっかけとなりました。

今回の移乗動作は、自分にとって自信のない部分であり、またリフトや吊り具など様々な種類を使用した経験もなかったため、かなり興味をもって参加しました。

2日間、お尻が焼けるほど?トランスファーボードに乗り右へ左へ移ったり、多くの参加者の尾骨を触りリフトの吊り具を装着したりと徹底的に触れることができました。また立位移乗や座位、リフト移乗の姿勢についても深く考え、開始時の姿勢は?移った後の姿勢は?上肢の位置は?足の向きは?介助者の姿勢や視線は?と細かく考えることができました。

グループワークも取り入れており、5名程度で構成され、グループリーダーも配置されていたため話しやすく、活発な意見があり雰囲気も良いものになりました。

講師陣も福祉用具のプロフェッショナルな方であり、関西弁で面白おかしく、しかし締めるところは締めていただき、内容の濃い講習になりました。

今回の研修を通して、実際に動いてみることで、またグループで意見を出し合うことで新たな気づきにつながり、また用具に触れ体で感じることで、対象者に対して適切に選定でき、使用できる技術につながったと思っております。早速、現場に持ち帰り、ご利用者や家族への支援やスタッフの育成に繋げていきたいと思います。最後になりましたが、2日間の研修の準備・運営・こまめなメールでの連絡体制などスタッフの方々には大変感謝申し上げます。次回もかなり期待しておりますので、よろしくお願いいたします。

介護老人保健施設フォレスト熊本 理学療法士 園村 加奈子

| | コメント (13) | トラックバック (0)

「移乗 編」に参加して2

「移乗動作の構成要素と姿勢の理解」に参加して

私がくますまキャンパスに参加したキッカケは、同じ職場の先輩からの紹介でした。訪問作業療法を行い、利用者本人・ご家族の生活を支援していく中で、日々悩むことが多く、少しでも解決のヒントになればと思い参加させて頂きました。特に今回のテーマである移乗動作は家族の介護負担が集中し易く指導に困る点が多い動作の一つです。これまでも負担軽減としてリフトなど福祉用具の導入や介助方法の指導を検討しましたが、なかなか上手くいきませんでした。介護者からは導入が難しく、「私が頑張って起こす」、「楽に動くと、筋肉が弱くなる」などの発言も多い為、なんとかこの状況を変えたいと思っていました。

このキャンパスでは、「評価して」「実践して」「導入して」「管理する」ということを自分で感じたり、気付いたりしながら学んでいきました。実際に体験してすぐ感じたり気付くことは難しいですが、グループ内の方々の様々な考え方・意見に触れることで気付かせてもらうこともありました。また、リーダーや講師のアドバイスは気付けるように導いてくれるので、とても分かり易かったです。実技においては、納得いくまで動作を繰り返すことで、体験・考え方を共有できました。自分の位置・方向や相手の脚や手の位置の大事さを改めて実感でき、リフトではストラップの長さを調整することでこんなにも身体の状態が変わるのだということを学ぶことができました。また、勉強だけではなく、懇親会では今後に繋がる関係を作れたり出来、楽しいひと時を過ごせました。

この2日間は頭と身体を使い、とても充実した時間を過ごせました。今回のキャンパスで学んだことを積極的に業務に取り入れて行き、本人・ご家族の生活をより良いものへとしていきたいと考えています。この第3回で出会えた方々にも深く感謝し、この出会いを大事にしていきたいと思っております。

和白訪問看護ステーション 作業療法士 山本 祐輔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「車いすと座位姿勢」報告

講師に正木 健一先生(㈱ひまわり 理学療法士)、栄 健一郎先生(適寿リハビリテーション 理学療法士)を迎え5月10日、11日に赤十字会館にて開催しました。


01


九州各地から計32名(理学療法士、作業療法士、看護師)の参加を頂きました。今回の研修は各章毎に実技を行い、すぐに身体で体験できる実体験型の研修でした。

一日目:一部『足・座・背の基本』、二部『座・背の支えと角度①』において、脊椎にはかたまりとつなぎの部分があり、かたまりの部分の重心を考えることと、つなぎの部分の屈伸可動域が大きいことについて講義があり、その後一人一人椅子に腰掛け楽な姿勢と緊張した姿勢を確認し、胸椎・腰椎・骨盤の位置を確認した。座の形状と背の支え・座の角度では、かたまり部分の骨盤・胸椎の位置を確認。かたまり部分を固定すると安定することを再確認出来た。またリクライニング式車いすでは、スライディングシート、滑り止めマット等使用しずれを体験、座圧の変化を確認した。徐々にグループ内でも意見が活発になり、みんなで考え実施するという姿勢が受講者から伺えた。

02_2

三部『両手駆動』、四部『足駆動』では、1回のストロークを「少ない力」、「長い距離」でハンドリムを動かすには、上肢の可動域・前方への重心移動・力の無駄なくハンドリムへ伝えることが大切であり、ハンドリム・駆動輪サイズ・駆動輪車軸位置で姿勢と1回のストロークの大きさが違い、実際行ってみると疲労度は違っていた。足駆動では、前ずれを防止し、足底への荷重・膝の屈曲・重心の前方移動が大切であることを体験した。

五部『クッション』では実際着座し、固定性・遊動性を確認し一日目を終了した。

懇親会では話が尽きることなく、沢山の話題が飛び交っていた。その中で、くますまのHPを沢山の方が見てくださっていることを知りとても嬉しかったです。

03_204

二日目:昨夜の懇親会での親睦もあったためかグループのまとまりがあり、そんな中ケーススタディ(足駆動)にて各グループで検討を行った。車椅子を調整するにあたり、PT・OT・看護師の立場でディスカッションを行い、ケースに応じた車いすをグループ毎に調整。実際屋外での段差、特に道路の路肩の点字の部分・傾斜で姿勢が崩れやすいこと、在宅でも調整するにあったては充分配慮する必要があることを再確認した。

05 06_2

今回も終了後に、『また、参加したい』『わかりやすかった』『楽しかった』等のご意見を沢山いただきました。今後も企画を考え研修会を開催していきたいと考えておりますので、沢山の参加をお待ちしております。


くますまからの参加者の一言:この勉強会を通じて看護師の立場で、在宅・病院に関わらずこの知識を知っておくことで、利用者・患者様へよりよいサービス提供ができるのではないかと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「車いすと座位姿勢」に参加して

私は現在、業務で車椅子の調整に関わる機会が多く、時にはアドバイスをする立場にもなりますが、知識不足で不安を抱えています。今回はより良いサービスが提供できるようになりたいとの思いで『車いすと座位姿勢』に参加しました。

 今回の研修会では車いすだけではなく、体の動きを観察することの大切さを学びました。各グループメンバーの体の動きを観察する中で「私たちでもこんなに個人差があるんだ・・」という驚きをグループのメンバー全員で感じることが出来ました。講義の後には必ず実技を入れていただき、学んだことをすぐに体感することで、より深く理解することが出来ました。また、背・座の支えと角度の変化で姿勢に及ぼす影響、両手・足駆動時に何を観察して調整すればよいのかを学び、出来るつもりで臨んだ2日目のケーススタディ、グループごとに実際に車いす調整を行い、車いす駆動・食事・移乗・介助による外出・休憩と実際の生活を想定して、調整した車いすの評価を行いました。足駆動を中心に調整した車いすでしたが、残念ながら思い描いたような良い結果は出ませんでした…残念。その後各グループで生活目標をたて、その目標にもとづく車いすの調整を再度行うことが出来ました。今回の研修会では、実技・ケーススタディで沢山悩み、考え、そして笑う時間を持つことが出来ました。その中でメンバーの様々な意見を聞くことが出来、その時々にグループリーダーの適切なアドバイスをしていただき、とても勉強になりました。楽しく過ごせたあっという間の2日間でした。実際に実践していけるように頑張っていきたいと思います。研修会に参加させていただきありがとうございました。

山鹿温泉リハビリテーション病院  牛島 恵美加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「車いすと座位姿勢」に参加して

今回、参加させて頂いた理由は、自分が勤務する重度認知症病棟(半分以上が寝たきり)で患者様がさまざまな理由で車いすの座位時間が短く、病棟内での活動制限に繋がっており、例えば寝たきりで歌が好きで普段は言葉も出ない患者さんが歌いかけると歌えるのに、殿部に褥瘡や発赤が出来るとの理由で車椅子に長時間のれず、音楽療法に参加できないことがあったからです。

他にも、当病棟では普通型車いすが老朽化してかなり弛んでしまっていたり、ティルトリクライニングがなかったり、車椅子やクッションの使用方法・介助方法がなかなか統一できなかったり、自分の業務上シーティングにかける時間が取りにくいなど、たくさんの課題を抱えていました。

一番は、「楽しく安楽にそして機能的な座位をとることで、普段の作業療法・芸術療法により本人らしい参加が出来るように」というのが私の思うニーズでした。

今回の研修では、グループワークが中心で、グループにリーダーとしてスタッフが入られており、自分の車いすと座位姿勢における課題・目標・解決法などを定期的に振り返る時間・それをグループ内で発表し課題を共有することが出来る時間があったことが一番のメリットだったように思います。今までの参加した研修会でも、自分の臨床の場に持って帰らないと意味がない。そう思っていました。

くますまキャンパスはグループ内の方との交流や意見交換をしながら身体や車いす、事例を通して自分の体・心で経験として感じれる研修だったように思います。また、グループ内で試行錯誤した内容と他のグループとの比較も出来て益々広い視点で感じることが出来たように思います。なにより研修会の雰囲気がアットホームでした。また、気配りも多くされており、参加するまでのメールの内容の濃さ、研修会会場までの案内が分かりやすく、名札も邪魔にならないよう服に張る工夫をされてましたし、修了証や研修会中の写真の配布、懇親会出席率のよさなど、あらゆる面で他の研修会にはない、受け入れ態勢のよさが目立ちました。休憩時間も、他の受講者と交流したくなるような、もっともっと患者さんの気持ちを体験したくなるような、そんな研修会でした。

内容においては、基礎から応用まで幅広くあり、基礎を踏まえた上で応用としてディスカッションできる。そういった内容でした。今後の希望としては、車いすやいす座位のための身体面や精神面の評価、重度の身体障害がある患者様に対する応用編などを今後は教えて頂きたいと思いました。

今回、くますまキャンパスに参加して仲間が出来、今後もつながりを持っていけることで日々の臨床での自分を支える土台が出来たような気がします。本当に実りある2日間を過ごすことが出来ました。これも、運営してくださったスタッフの皆さん、参加メンバーの皆さん、案内してくださった瀧先生のお陰だと思っています。また是非参加させて下さい。ありがとうございました。

 嬉野温泉病院 作業療法士   満上 愛

| | コメント (40) | トラックバック (0)

くますまキャンパス開催のお知らせ

くますまキャンパス「車いすと座位姿勢」

安楽な姿勢や活動的な姿勢、車いすの駆動など目的に合わせた座位姿勢とはなにか?
姿勢の崩れはどこから始まり、どのように変化するのか?車いすやクッションはどのように調整するのか?

明日から使える””を養います。

気づきの力
グループリーダーを中心に実際に体感して養います。

選択する力
グループごとに目的に合わせた姿勢を考えます。

再現する力
グループごとに車いすやクッションを調整し目的に合わせた姿勢を作ります。

日時:平成20年 5月10日(土)、11日(日)
    9:30~17:00 ※10日懇親会開催(全員参加をお願いいたします)
会場:熊本赤十字会館(熊本県赤十字血液センター)3F
    熊本市長嶺南2丁目1番1号
受講料:20,000円
定員:25名
    (対象:医師、理学療法士、作業療法士、看護師、介護福祉士等)

募集期間:平成20年3月6日(木曜日)から4月10日(木曜日)
受講決定:募集期間後、主催者審査により決定いたします。

その他:申し込み方法や受講決定までの流れなど詳細は、弊社HP                                           (http://www.kumasuma.co.jp/)“くますまキャンパス” をご確認ください。

申し込み・問合せ
(有)熊本住まいづくり研究所 作業療法士 内田正剛
    E-mail kumasuma-campus@kumasuma.co.jp
    メールにてお申し込み、お問合せください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

くますまキャンパス ~キネステティクス~ に参加して 2

今回の研修に参加し、一つのことに時間をかけることって、なかなかやらないけれど、大切なことだと感じました。知識をたくさん得られる研修会は日々参加の機会はありますが、内容に対して、こんなに身体で感じながら、考える研修は初めての体験でした。
 今回は身体の動きについての研修でしたが、いつもどれだけ急いで、そして無意識に生活してるんだろう・・・。生まれてから相当長い間自分の身体と付き合ってるのに・・・。という反省と同時に、無意識なのに楽な身体の使い方を、自分の身体はよく知っているなぁ・・・。と感心したり。実際、自分の体の使い方を、自分の体に聞いているような不思議な感覚でした。
 考え方を学ぶと、自分の身体が面白くなってきました。休みの日、床でゴロゴロしているのも、何だか意味のある、とってもいいことのような・・・。そんな自分に都合の良い解釈までしてしまいます☆

東病院 作業療法士 末川亜矢子

| | トラックバック (0)

くますまキャンパス ~キネステティクス~ に参加して

私は半年前から訪問リハに携わるようになり、日々在宅で利用者本人や家族の支援を行っています。職場環境が病院から在宅へ変わったことを機に、技術や考え方のレベルアップを図りたいと思っていました。その矢先、このキャンパス(研修会)のことを知人を通じて知り参加しました。
今回の研修会のテーマである「キネステティクス」ですが、初めは正直「何それ?」って感じでした。恥ずかしながら、名前も聞いたことがなく、人の動きや身体の機能を理解できる目を養えるということで、半信半疑で参加したのを覚えています。
研修では、「キネステティクスは人の動きを6つの概念でとらえ、分析・実践していく能力を高めていくもの」というものでした。今まで何気に行っていた一つ一つの活動を、それぞれの概念でとらえていくと、これがまた面白い。概念を理解し、実践していくと、人の体はこんなにも効率よく楽に動かせるものなのかと再認識させられました。また、研修形態もただ講師の話を聞くだけではなく、ヨガマットの上でゴロゴロと体を動かし、自分で自分を感じながら学ぶことができ、わかりやすかったと思います。
研修の合間の懇親会では、他職種の方々とふれあい、お酒を飲みながら楽しく色々な話を聞けたこともいい機会になりました。何より憧れの河添先生と会話すことができ、とても楽しかったです。余興ができなかったことが心残りですが、熊本の夜を満喫できしました。
終わってみれば、あっと言う間の4日間で、これからはこの研修で学んだ「人の動き」ということを実際の訓練や支援の場で分析しながら、実践していけるように頑張っていきたいと思います。
久しぶりに楽しく学ぶことができ、私にとってとても有意義な4日間でした。

和白訪問看護ステーション 作業療法士 町田真一朗

| | トラックバック (0)

「ケアのためのキネステティク ベーシックコース」報告

去る1月19日、20日、2月16日、17日に第1回くますまキャンパスを開催しました。キネステティクスベーシックコースのトレーナーであり、日本の第一人者の伊藤亮子先生を迎え、『ケアのためのキネステティクス ベーシックコース』全4日間に九州各地から参加を頂きました。
01_3
最初は理論の説明で、受講生のほとんどがなんとなく理解できている気はするけど、徐々に頭の中で「?」、「?」となり、頭の中だけで考えても理解できない状況に陥りかけたそのとき、体験や実践の実技を受けるにあたり、少しずつつながりが分かるようになり、グループでの意見交換も活発に。今までそれぞれが考えていた概念が終了時には変化していることに各受講生が気づかされていました。もう少しゆっくり時間をかけて理解できればよかったなぁ・・・との声もあがりましたが、『明日から試してみよう!!』という意気込みが各受講生の表情から伺えました。今回の研修で答えを見つけるのではなく、解決する糸口、プロセスについて各受講生が学べた良い機会だったのではないでしょうか。また、今までの自分を振り返り、これからについて考えるための良い時間だったと感じました。
02_3 03_3
研修の合間に開かれた懇親会では、静まり返る場面は一切なく、話も尽きることはなく時間が過ぎていきました。終了時には「また参加したい」、「○○○について研修してほしい」、「楽しかった」などの感想をたくさんいただき、くますまキャンパススタッフとして今後も皆さんといろいろなことを学び、感じ、考え、実践していければと考えています。
今後のくますまキャンパスの開催についてはHP上に随時掲載していく予定ですので、沢山の申し込みを待っております。
04_2

スタッフからの一言:
05_5 講師の伊藤先生は笑うとえくぼがとってもかわいらしい先生でした。私も先生みたいな笑顔ができるようになりたい!!とひそかに考えています。でも、えくぼがない・・・。ま、気持ちだけでもそのつもりでいようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)